2009年6月23日 (火)

完全復活

こんにちは!

個人的にうれしいCDリリースがあったのでここで紹介します。

まずダイナソーJr.です。
2007年にはまさかのオリジナルメンバーによる
「Beyond」をリリースしました。
Beyond










売れたのかは知りませんが、
意外に色んなところでダイナソーJrの名前を聞くようになったので
新しいリスナーも獲得し盛り上がったような気がします。

そして気まぐれかと思われたbeyondのリリースから3年、
まさかまさかの新アルバム「farm」をリリースしました。
こりゃ本気ですよ。

Farm










前作は割とポップで聞きやすい曲が多かったんですが
今回はミドルテンポな曲が増えて、落ち着いて聞ける
曲が多い気がします。
元々ジェイのワンマンバンドな感じはありますが、
よりジェイ色が強くなりつつ、間違いなくソロとは違う
オリジナルのdinosaur jrサウンドになっています。

マイスペースで全曲聴けるので聞いてみてください。
http://www.myspace.com/dinosaurjr

ちなみに輸入版でも2種類あるんですが
高いほうにはボーナスディスクが付いていて
そちらも良いので、オススメです。
国内版6/24に発売予定ですが内容は不明。

ところで今回の輸入版はJagjaguwar(http://www.jagjaguwar.com/)という
レーベルからリリースされています。
私は知らなかったのですが中堅どころみたいです。
ジェイが言うにはJagjaguwarが一番「情熱」があったから決めた、
というようなことを何処かのインタビューで言ってました。
まさか無気力の代名詞と言われた彼からこんな
言葉が出てくるとは思いませんでした。

やはりプロとして良い作品を創るために
真剣に仕事をしているんだなぁと感じました。
大切なのは「情熱」ということでしょうか。

最初に「まずは」と書いたのは
ソニックユースも新しいのが出たので書こうとしたんですが
長さも十分だし、キレイにまとまった気がするのでこのへんで。
でもソニックユースのも良かったです。
やっつけみたいですが本当です。
※無料で1曲ダウンロードできます↓
http://hostess.co.jp/sonicyouth/
では。


ジュニア

| | コメント (0)

2009年4月21日 (火)

もう4月(駄文)

タイトルに特に意味はありません。
1年の3分の1が終ろうとしていますよ。
なんとなくヤバイ気がする。
なぜでしょうこの焦燥感は。

きっとブログのネタが思いつかないからです。

いつもブログを書くときは何かネタを決めて書くんですが
今回本当に何も思いつきません。
いつも電車の中や風呂の中でネタを考えているんですが、
いざ書こうと思うと何も覚えていません。

こんな駄文を書いてしまいすみません。

弘法も筆の誤りとか、猿も木から落ちるとか言いますけど
「ジュニアもネタ切れ」
これを新しいことわざとしてどうでしょう?
僕は弘法や猿ほどのレベルで基本的にネタ思いつきませんけど…

あーくだらない…。

どうしよほんとどうしよ。

花見行きました?
僕は行ってないです。

WBCすごかったですね!
イチローすげぇ。
あんなに不調だったイチローが決勝で打つなんて
天才だからできる演出ですよ。

きっと不調の僕もイチローみたいに
ブログでヒット飛ばす時が来ると信じてます。

あ、すみません!
キレイに終ったんでここで失礼します。
本当に「lo-fi日誌」ってしといて良かった。

| | コメント (1)

2009年2月24日 (火)

メガネとマスクから営業の話へつなげてみます。

何を書こうかと頭を抱えつつ
マーキュリーブログを見ていると、
響さんの記事が目に留まりました。

私も花粉症です。
そして私もおぎやはぎさんが
CMをやっていたマスク、貰ってしたことがあります。

『99%メガネの曇りをカット』だそうですが、
自分の場合、思いっきりマスク曇ってました…。
それとも自分の顔の形が
規格外なだけなんでしょうか。

マスクをしているとメガネが曇って
本当に困ります。
あれ何とかならないもんなんですかねぇ。

というかメガネ自体を曇らないようにとか
できないんでしょうか?
マスクしている時だけではなく、
電車乗っても曇るんです!
あとラーメンとか食べるときも曇るんです!
『曇らないメガネ』が出たら自分は即買います!

と、ここまで勝手なことを書いて思ったのですが
『曇らないメガネ』開発されたら
今まで頑張って『メガネが曇らないマスク』を
作ってきた人たちの努力が水の泡ですね。
世のメガネ達にとっては救世主なだけに
そうなるとちょっと悲しいですね。
まぁ自分のメガネは普通に曇りますが。

…うーん。

最近、営業の私は全く違う商品を扱うようになりました。
クライアントもデベロッパー、販社、広告代理店などから
なんというか『街の不動産屋さん』になりました。

そうすると、『パソコンない』とか平気で言い放つ
おじいちゃん社長とか、普通にいたりするんですよね。
サマリネットを始め、情報収集をするには
パソコンは不可欠だと思っていましたが
不動産業界ってすごいところだなぁと改めて感じます。
未だに『紙(FAX)』が情報のツールとしてメインですね。

確かに時代はデジタル化してきているとは思いますが
「今の時代インターネットだ」なんて話は
逆にもう遅れていると思います。
ある意味中立的な立場にいる自分から、
敢えて言わせてもらうと、今の不動産業界で
一番良いのは「紙とインターネットも使う」
これです。
紙媒体の強さとWEBの強さ、
そして不動産業界全てをデジタル化できない現状、
これを考えると「どちらも良い所を使う」
これが最強なんだと思います。

ですから『WEB』の良さだけでなく
『紙』の良さもちゃんと考えて
お客さんとお話しするようになりました。
じゃないとただの理想を語っているだけに
なってしまいますから。

現実問題も一緒に考えて、
同じ理想をお客さんと語れる
営業をしていきたいと思います。

なんといっても不動産業界の人も自分も
最終的にはエンドユーザーのため
と思っているはずですから。
曇らないマスク開発した人もきっとそうです。

おし、つながった。

ジュニア

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

17年ぶりの新作(制作費14億円)

ついに、ついに出ました。
ガンズ&ローゼスのニューアルバム「チャイニーズデモクラシー」が…

なんと17年ぶりのアルバム。
制作費は14億円と言われています。
14曲入りだから1曲1億ですよ。馬鹿ですか。

Guns_n_roses_2

ガンズがどんなバンドか知らない人はいるのでしょうか。
かいつまんで説明しますと。
結成されたのは1985年。音楽的にはベタなハードロックです。
1987年に発表した1st「Appetite For Destruction」は2800万枚以上売れており、今現在も売れています。
バンドについて詳しくはココでも見てください。

写真を見ると、見るからに「ハードロックバンド」という感じですよね。
というかみんなが思うハードロック像を作ったのはガンズなのかもしれません。
B'zの稲葉さんが短パンを履いているのも、ガンズが先にやってますから。

Axlrose
ボーカルのアクセルは王子みたいな金髪で顔もかっこよかったんですが、ファッションセンスは有得ないぐらいダサいです。それがアクセルだからかっこよかったのが不思議。歌ってる時は基本的に短パン。あとバンダナ。それがアクセルのイメージだったんですが、現在はエクザイルのボーカルみたいなhip-hopみたいな感じになってしまいました。
また喧嘩したり訴えられたり色々と問題児で、それが原因でメンバーから見放されてしまいました。最近ではトミーヒルフィガーと喧嘩したそうです。もうオッサンですよトミーさんも…。
アクセルが精神的に不安定なのは幼少期に虐待をうけていたことが影響していると言われています。それが原因で唯一の理解者だあったイジーとも別の道を進むことになります。なんとも切ない話です。
ボーカリストとしての実力はかなりのものだと思います。

僕はアクセルも好きなんですが、イジーとスラッシュもかなり好きです。

スラッシュは人気だし有名です。
_rjp8002_640_640_2
なんか漫画のキャラクターみたいですよね。
ギターもうまいんですがテクニックより、ブルージーであじがあるギターを弾くんですよね。ちなみに顔はけっこうブサイクです。でも弾いてる姿はめちゃくちゃかっこいいです。

イジーはアクセル、スラッシュに比べると地味ですし、たいしたエピソードもありません。
Izzy01

でもクールな印象でかっこいいんです。変な帽子を被っていることが多いので分かりづらいんですが、実はイケメンです。あと、今見ても服がかっこいいと個人的には思います。また、イジーはアクセルとは子供の頃から知り合いで、2人は地元のスケートボード・ショップで顔を合わせるようになり、 仲良くなりました。
そんなイジーも1991年に脱退してしまうわけですが、彼だけは今でもアクセルを心配しているようです。アクセルは訴えたりメンバーに訴えられたりしてるんですが、イジーだけは多くの曲を書いていたのに訴えていません。
ちなみに現在ではオリジナルメンバーはボーカルのアクセルローズしか残っていません。他のメンバーはアクセルのめちゃくちゃな言動についていけず全員脱退してしまいました。

僕は中学生の時にガンズを知って以来、ずっと聞き続けているんですが
世代が違うのか、まわりには好きな人はあまりいせんでした。
そりゃそうですよね。最後にオリジナルアルバム出たの1991年ですもん。

売れすぎた1枚目のせいで新作を作るのに物凄いプレッシャーがあったんだと思います。しかもメンバーはアクセルだけだし。
ずーと出ると言われてアルバムタイトルも発表されていたのに発売されなかったのには、どんな事情があったのかは分かりません。毎年「チャイニーズデモクラシーが出る」と言っていた気がします。

それがようやく発売されました。

「うそだろ」と思いましたね。
楽しみにしていたんですけど、
正直もう出ないと思ってましたよ。

ガンズのことはずっと書きたかったんですが、
書くタイミングもなくて、ようやくアルバムが出るって事で今回書けました。

でも自分まだCD買ってないんです…。

なんか買うのが怖くて聞けません。
好きすぎて聞くのが怖い…みたいな言い訳です。

今度CD買ってきます!
今まで最高だと思っていたガンズが自分の中で崩れるのは少し予想はついているんですが、正座で聞こうと思います。

試聴は前回書いたマイスペでできますよー。

ジュニア

| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

マイスペ(MySpace)を見てみよう。

2ヶ月ぶり!
ということで、前回に何を書いていたのかすら忘れてしまいました。

今回は「マイスペ」についてご紹介しようと思います。
MySpacehttp://www.myspace.com/)はアメリカ最大手のSNSです。
先に言っておきますが私はココのまわしものではありません。

Mysp


日本で有名なSNSといえばmixiですが
MySpaceの場合は会員になるのに紹介はいりません。
また、会員じゃなくても会員のプロフィールをみることができます。

特徴的なのは「アーティスト」として会員登録することで
自作曲のmp3ファイルを公開できる点でしょうか。
そのため今まで宣伝の場がなかったインディーズのアーティストが
MySpaceをきっかけに売れるってことが当たり前になってます。
※My Chemical Romanceなんかもそうらしい。

現在では世界で7位の巨大サイトになった()My Spaceには
メジャーのアーティストが逆に宣伝の場として利用することも増えてきました。
でもMySpace上ではみんな平等なのでいいのかなーという気もします。
お気に入りのアーティストを、皆さんも見つけてみてはいかがでしょうか。

ジュニア

| | コメント (1)

2008年8月26日 (火)

夏の恒例行事

今年もフジロックに行って参りました。

昨年のフジロックが終わった日から、
フジロック08をへのカウントダウンをしていました。
長かった…。

今年、最注目だったのはもちろんmy bloody valentineでしょう。
僕はリアルタイムで聞いたことはなかったのですが、
オルタナ系の記事を読んでいいると必ず出てくるバンドだったので
CDを持っていました。

彼らのサウンドの特徴はノイジーでいて美しいギターと、
囁くようなボーカルです。
シューゲイザーというジャンルを語る上で
欠かせないバンドの1つです。
(シューゲイザーについてはまた次の機会に・・・)

マイブラに金をかけすぎたのか、他のアーティストは地味めでした。
癌のため昨年キャンセルした忌野清志郎さんが、
病気の再発のため今年もキャンセルになり
primal scream、the birthday、asian dub foundationなど
2回どころか3回出てたアーティストもいまして、
最終日のprimal screamなんてガラガラでした・・・。

正直よくアーティスト側がOKしたなぁとう思いですが、
主催者側も失礼というか、なんだかなぁという感じです。
来年はこのようなことがないように信じています。

マイブラのことなどは他でも皆さん
書いていると思うので、僕はほかの事を書こうと思います。

僕の中でのベストアクトはRODRIGO Y GABRIELAです。
「ロドリーゴ・イ・ガブリエラ」と読むんですが、
スペイン語で「ロドリーゴとガブリエラ」という意味です。
「チャゲ&飛鳥」みたいなノリですが、音楽性はだいぶ違います。

彼らはメキシコの男女2名のギターデュオで
もともとはメタルをやっていたのですが、
諦めたのかどうかは分かりませんが、
歌なし、インストをアコギのみでロックしています。

ちなみに3日連続出る予定(どんな予定や)でしたが
機材トラブルにより2日目はキャンセルになりました。
「機材って言ってもアコギだけやん!」
とフジロックにいた2万人ぐらいは思ったことでしょう。

彼らの演奏はCDで聴くだけでなく
ライブを見た方が5倍ぐらいかっこいいと思います。



初日の演奏は寝坊のため見ることができなかったのですが
3日目のField of Heavenでライブは最高に盛り上がっていました。

あと良かったのはtravis!
高校生のころ好きでよく聞いていたバンドなので
とても感動しました。

来年のアーティストがどうなるのか、
今年のを見ると心配になってしまいますが
きっと来年も行ってしまうと思います。

ジュニア

| | コメント (1)

2008年6月24日 (火)

ipodを安く買う方法

私はこのブログで度々ipodの話をしていますが、
ついに寿命がきてしまいました。

バッテリーが1時間ぐらいしかもたなくなってしまったのです。
再度バッテリー交換をするという選択肢もあったのですが、
2台持つものいいだろうという考えのもと、新しいipodの購入に踏み切りました。

まず私が使っていた容量が40GBのものは存在しませんでした。
似たようなものはipod classicというもので、いつの間にか
過去の存在(classic)にされていました。


購入にあたり、一番安いところを探しました。
ちなみに定価は¥42,800です。

色々と調べたのですが、純粋に値引きをしていて
安かったのはamazonアップルストアでした。

まず、amazonでは欲しいipodのページに行き、
「○○点の新品/中古商品を見る」という所をクリックし、
マーケットプレイスというところに注目してください。

Amz





どういう訳か値段は変動しているみたいですが、
私が見たときは新品が\37,000ぐらいで出品されていました。
ただしこちらでは保障内容が不明なので見送りました。

次にアップルストアでは、右下にある
ipod整備済製品というところを見てください。

Aplstr_2







こちらでは店頭商品、返品商品、初期不良品などを
アップルが新品並みに修理調整し、販売しています。
ここの価格は\36,500でした。
保障も1年付いていますが、ipod整備済製品のページは
表示されていないこともあります。
(在庫がなくなれば消えるんだと思います)

結局私はアップルストアの方で購入することにしました。
通常のネットショッピングの要領でクレジットカードの番号などを
入力し、注文完了。

2日ほどで新ipodは届きました。

Box











やはりアップルはオシャレな感じがします。

Op_3








同封されていた保証書
Hoshosho








注文時にipodを保護するフィルムも購入しました。

Film_2









少し苦戦しましたがキレイに貼れました。
On_2










どうやらビデオも入れられるようになったそうなので、
次回挑戦してみようと思います。

では。

ジュニア   

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

TENORI-ON

Tenori-on(テノリオン)って聞いたことありますか?

Tenorion







公式サイト(http://www.yamaha.co.jp/tenori-on)によると
TENORI-ONはメディアアーティスト岩井俊雄とヤマハとの
コラボレーションによって制作された21世紀の音楽インターフェース。

とあります。

16×16のLEDボタンを使って作曲、演奏が可能とのことで、
見た目は新しい玩具のようにも見えます。
しかしYouTubeにアップロードされたデモ動画を見ると、これはもはや新しい楽器です。

岩井氏は「視覚表現と音楽の融合」というところからTENORI-ONの着想を得たそうです。
どうやらイギリスではすでに販売されているそうですが日本円にすると約14万円。
※日本でも発売されるみたいです。

またオフィシャルHPの別ページではアーティストによるデモ演奏も見ることができます。
ジムオルークの熱中っぷりがカワイイです。

「ドラァムスはスゴイはや~い」

 


見た感じでは感覚的に音楽を演奏できそうです。
これは小さい子供に渡したら面白そうですよね。
知識も技術もいらない。
アイデアだけで無限の可能性が広がるように思えます。

日本での発売が待ち遠しい。
頑張ってお金貯めておこうと思います。

ジュニア

| | コメント (0)

2008年3月25日 (火)

(個人的)大物リリースラッシュ!

こんにちは。
今回は嬉しいリリースが続いたので、
それを書こうと思います。

正直誰も興味持っていないような
不安もあるんですが(特に2つ目)
めげずに今回もローファイで書いていこうと思います。

■The Black Crowes
http://www.blackcrowes.com/
Bc

まさかこのバンドを紹介できるタイミングが
来るとは思っていませんでした。

89年にロビンソン兄弟を中心に結成された
アメリカのハードロックバンドです。

サザンロック、ブルースをルーツに持つ
このバンドのサウンドは、デビュー当時から
新しいものではなかったと思います。





Image_9_2 僕が最初に聞いたのはBy your sideで、
これはわりとR&R色の強い作品でした。

当時ガンズ&ローゼスを聞いていたので、
ハードロックにはまっていたのかもしれません。
ガンズもブラッククロウズもハードロックに
ジャンル別けされると思うんですが、
ブラッククロウズのハードロックはブルージーで
男くさいんですよね。
男というより漢(おとこ)と言ったほうがしっくりくるかもしれません。

とまぁそんな感じで大好きなバンドになったんですが、
ジミーペイジと競演して、2002年のLionを最後に
活動停止になってしまいました。

その後のメンバーはソロで活動してたりしたんですが、
なんと7年ぶりにニューアルバムをリリースしてくれました。



Warpaint この"Warpaint"は今までの作品の中で
一番HR色の薄い、というか皆無に近く、
どちらかというよカントリー寄り。
流行とは無縁のサウンドで何も新しくない。
ですがブラッククロウズにしかできない
ロックに仕上がっています。

クロウズはファンに優しいらしく、
ライブでの録音も許可しているそうです。
オフィシャルサイトでもビデオを見れたり、
曲もたくさん聴けるのでチェックしてみてください。

■Stephen Malkmus
http://www.stephenmalkmus.com/

Re Pavementのフロントマンの4枚目です!
僕はスティーブンだと思っていたのですが、
「スティーブ」だったり「ステファン」だったり、
未だに日本では統一されてなくて、泣けてきます。

このアルバムが出るのも全然知らなかったし、
たまたまタワレコ行ったら見たことないのが
あったから気付いたものの、もっと宣伝してください!
しかも今年で42歳らしいです。なんということでしょう。


今回も相変わらず、かっこいいんだかかっこ悪いんだか…
という感じでかっこいいんですが、彼のポップセンス(メロディーセンス)
はもっと評価されても良いと思うんです。

ここで全曲?聴けますのでどうぞ。
http://www.myspace.com/stephenmalkmus
http://matadorrecords.com/stephen_malkmus/music.html



ジュニア

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

Mars Voltaの新譜がSHM CDでリリース

今年2回目の登場になりましたジュニアです、こんにちは。

以前ご紹介したmars voltaが新譜「ゴリテアの混乱」をリリースしました。
Marsvolta_2 







今回目玉のひとつはSHM CD(高音質CD)でリリースされていることです。
※通常版もあります。

このSHM CD(スーパーハイマテリアルCD)は、ビクターと
ユニバーサルミュージックが開発した新素材のCDです。
どのような構造になっているのかはよく分からないのですが、
普通のプレーヤーでビックリするような高音質が楽しめるということで、
僕はこの初回限定のSHM CDを購入してみました。

The_bedlam_in_goliath_3 

さっそく自宅でCDプレーヤーにかけて聴いてみました…。

ぉぉぉぉぉおおお!

かっこいい!!
なんか前回より聞きやすい(キャッチー)感じがします。


・・・・・・・・・。

んんんん~~~??

正直音質の違いは分かりません…。


そりゃそうですよね。
通常版と聞き比べてないですもん。

試しにジャックジョンソンの『In Between Dreams』を棚から
引っ張り出して聞いてみたんですが、めちゃめちゃ音飛びしてました。
しかもCD取り出して裏面(と言われている表面)を見たら
めちゃめちゃ傷付いていました。

うん、そういえばうちのCDプレーヤー壊れてました。

もうiPodを購入してから、CDを買ったらPCに取り込んで聞いていたので
忘れていましたが、僕の部屋のCDプレーヤーはただのゴミと化していた
んですね。
プレーヤーが壊れていることも忘れるほど長い間・・・。


そこでちょっと思ったんですが、ここ何年かの間で音楽を
聞くスタイルは大きく変わりました。

僕よりちょっと上の世代の方や、DJの方たちがアナログレコードを
今も愛用しているのには、ちゃんと訳があると思うんですよね。
僕はレコードは持っていませんが、以前はCDを買ってきたら
ワクワクしながら歌詞カードを見たり、テープやMDにダビングしたもんです。
なんか最近そういうワクワク感が減っている気がします。

これは僕がオトナになったからなのか、それともmp3という
何やらデジタルなもので音楽を聴いているからなのか。
ワクワク感と引き換えに便利さを手に入れた感覚・・・。

とまぁ今回まとまりのない文章を思ったままに書いてしまいましたが、
今後も私はmp3で音楽を聞いていくことでしょう。やはり外出の際には
便利ですしね。
ただ、CDの良さを再認識させてくれるかもしれないSHM CDが出た
ことですし、ちょっといいCDプレーヤーでも買っちゃおうかなぁ、と思ったのでした。

・参考リンク
■Mars Volta ビデオ
http://www.themarsvolta.com/video/

■SHM CD(ユニバーサルミュージック)
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/special/shm-cd/index.html
ベルベットアンダーグラウンドのSHM CD版はかなり気になります!
その他ポリス、クリームなどのクラシックロックを中心に
マイルスデイビスのも新しくなってリリースされていますので、
買い替えの際には是非SHM CDで聞いてみるのもいいかもしれません。

ジュニア

| | コメント (0)