2009年4月10日 (金)

イン!

この春めでたく花粉症デビューしました。
耳元で「永い付き合いになるね。」とささやかれました。(という夢を見ました)
神の手です。

さて、やってまいりましたこの季節。
全国のフットボールばかは待ち望んでいたことでしょう。
個人的に『春』はあまり好きではないのですが、これがあるからまぁ許す!
といった感じでしょうか。

球(楕円形の)春到来です。
昨年までのチームは残念ながら人数が揃わず解散しました。
社会人ですから色々ありますよね。。
ということで、今季から新チームを設立、新たなる挑戦が始まりました。

メンバーは、以前から同じチームで共に頑張っていた
頼れるC(24)※2008208ブログ参照 を筆頭に計11名。

初回の練習参加者は5名・・・
「久々だから軽めに行こうね」と組んでもらったメニューが軽くない・・・
私の挑戦はまずはここからです。。。

初戦は4/12(日)これまで同様、関東タッチフットボールの聖地
【ふじみ野】で行われます。
お時間のある方はぜひ。そして入部してみて下さいcatface

新しいユニホームはこれ
↓↓↓↓

Image

セカンド。しかも私のではないですが。。。

| | コメント (1)

2009年2月13日 (金)

思うこと

年明け1発目です。
インフルエンザよりも腹の出っ張りが気になる
WRは神の手です。

先日、中学卒業以来10年振りの友人と呑みに行きました。
幼稚園から中学までずっと一緒の幼馴染でしたが、
それ以降一度も会わなかった子なので、何となくどきどきで、
会った瞬間もやっぱり照れくさい感じでした。

友人の開口一番「変わってないね」という言葉に、
それはいいのか?と思いつつ、昔話に花を咲かせました。
高校、大学という青春時代、また、社会人になってからの
生活をお互い全く知らない関係ですので、ありえないくらい
くだらない話で5時間程盛り上がりました。



話を聞くとその子は大学を卒業して夢を追いかけ、実現して今に至る
という状況だったので、なにか色々と考えさせられました。
同時に、私はまだまだ走っていないと感じました。
勝手に限界線を引いて、自分に甘い、私がなりたくないと
思っていた人間に近づいてしまっているのではないか。

ただ、今ここで気付けたこと、気付かせてもらえたことは、
まだチャンスがあるという証拠なのだとも感じます。
私という1人の人間の、どの立場からでも100%の人間であるために
多方面からかためて行くべきときなのかなと思います。

ちょっと曖昧な表現に終始してしまいましたが。。。
来週からシーズンイン?しますので、次回は久々にタッチフットネタでいきます!

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

弾丸

寒くなってきましたね。
今年もNOコートで元気いっぱいの
WRは神の手です。

今回は先日敢行した関西弾丸ツアーのお話をさせていただきます。

11月の連休を使いまして、関西に行ってきました。
元々は毎年11月23日に行われる、タッチフットボール
東西学生王座決定戦(通称:PRINCESS BOWL・・・一応女子なので。)
に出場するかわいい後輩の応援に行くことが目的です。

チームの同期A子と同行していれば、大会当日朝一の
新幹線で向かいそのまま一泊、あくる日の新幹線で悠々と
帰ってくるというプランだったのですが、
行くか行かないかギリギリまで決めあぐねていた私は、
それを早い段階で断ってしまっていました。

しかし連休というのは恐ろしいものです。
いざ足を探そうとしたときには既に遅く、
ちょうど良い時間の新幹線は埋まっていました。

夜行か・・・。
学生時代は毎年格安(\4,980!)の4列シート夜行バスを
利用していましたが、社会人になった私は、
ちょっと贅沢をして3列シートの夜行を予約しました。
ちなみに復路も。

22:10新宿発→6:30大阪駅着の長旅でした。
幸運にも真後ろの席が空席で、リクライニングをMAXまで
倒し爆睡です。

会場の王子公園までは約50分。A子との現地待ち合わせは
9:00。
朝食を摂ろうと駅構内のカフェに。店内で関西のおばちゃん
パワーに圧倒されながら1時間半時間を潰し、会場へ向かったのでした。

試合の結果は、チーム創設史上、PRINCESS BOWL初勝利を
収め、準優勝という形で幕を閉じました。
かわいい後輩たちの色々な思いが込められた穢れない涙に心を洗われ、
「あぁ、私も頑張ろう」と思いました。

さあ、これで関西での目的は果たせたと思いきや、
この時期の関西と言えば、やはり京都のお寺の紅葉ですよ。
何が何でも京都には行きたい。。その思いを胸に、
17時の完全撤収を待たず一人京都へ。

帰りの夜行は22:30大阪駅発です。
王子公園から京都までは約1時間半。京都から清水寺までのバスは
きっと道路が込んでて30分と考え、さらに京都から大阪までは30分。
回る時間を1時間と考えて・・・。行ける。

お寺の中を回る時以外、全て猛ダッシュです。
おかげで夜行には余裕で乗車できました。

ゼロ泊3日の強行スケジュールでしたが、朝、上野駅で
バスを降ろされたときは清々しい気持ちでいっぱいでした。

また来年連れてって欲しいです。

最後に、京都で撮影した紅葉を。

Image037

| | コメント (0)

2008年10月10日 (金)

スウィング!

【コアリズム】
ご存知ですか?

最近巷で有名なダイエットDVDらしいのですが、
先日妹が購入してきました。

コレです
↓↓↓

Koa

ダイエットDVDというと、ビリー先生を思い出しますね。
しかしコアリズムは
「ラテンダンス的要素を盛り込んだメリハリボディプログラム~」
だそうで、ビリー先生程の激しさはなさそうな感じです。

ダンス?ふっ・・体育会系をなめるなよと思いつつ、

『さあ、鏡の前に立って、シャツをめくってみて。
どう?あなたの腰、セクシーと言える?
大丈夫、安心して。こっちへいらっしゃい。
これから一週間、一緒に振り続けるのよ。
恥ずかしがってちゃ、ダメ。
本気でヤセたいなら、さあ、腰を振りなさい!』

・・・DVDセット。

初っ端、赤毛が魅力的なヤーナのリードで腰振り開始。

ヤーナ:『腹筋を意識するのよ!』
お、きついぞ・・・。

少し早いテンポのリズムに切り替わり、超ハイテンションの
ジュリアにバトンタッチ。

ジュリア:『スウィング!スウィング!その調子よ!』
き、きつい・・・・・。


一つ一つの動きがきついのも確かなんですが、
ダンスなんか無縁の私にとっては、二人の振り付に
ついていくことの方がきつかったです。

約30分間、自宅リビングで一人腰を振る我。。
終わった後は汗だくでしたが、何だろうこの寂寞感は。

ただコレ、ホントに痩せる気がします。
ちゃんと実践すればの話ですが。
明日またやるかと言われたら、私はやりませんけどね。

基本編を5日間、上級編を2日間の計7日間プログラム。
皆さんもいかが?DVDお貸ししますけど。

| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

いつも通り

1ヶ月程前に肺炎にかかりました。

マイコプラズマ肺炎というらしいです。
名前はイカツいですが、普通の肺炎よりは
軽いみたいです。
よくわからないので調べたところ、オリンピックが
開催される年に流行することが多いことから、
オリンピック病とも呼ばれているらしいです。
・・・まさに。

薬を飲んでも点滴をしても熱が全く下がらず、
このまま天国へ行ける気分でした。

また、免疫力の低下を肌で感じた期間でした。
確かに営業中の昼食は例えばマックとか、
あるいはマックとか、専らマックでした。
大いに偏ってます。
皆さん、体が資本ですよ!

長いですが実は余談でした。
こんにちは、神の手です。

さて本題です。
いきなりですが、皆さんに残念なお知らせです。
私の回の主題としてきましたタッチフットですが、
我がチーム、人数不足のため秋は休止になりました。

よって来年春まで本ブログで触れることが
できなくなってしまいました。

困りました。。。

しかしながら良い機会ととらえることもできます。
週末は基本何もしない私でしたので、ブログのネタを
探すという名目で何かやろうと決意しました。

そんなことで、週末は車に乗って遠出しようと。
マイカーではないので、午前中には動き出さなければ
父に先を越されます。先週末、土曜日は前日のお酒に負けて
父にも敗れました。
日曜日にはリベンジを誓い、21:00に就寝です。



気持ちよく目が覚めると14:00でした。一度も起きずに17時間睡眠です。
体力は戻っているようです。
プラズマも完治してることを実感しました。
よかったよかった。
・・・あれ?

また来週かなぁcatface

| | コメント (0)

2008年6月13日 (金)

オフですが

マーキュリーブロガーが大量に増えまして、
登場が隔月になりました。

それでも変わらず締め切りギリギリの(むしろ過ぎてる)
私は管理者泣かせの【WRは神の手】です。

前回お花見のことを書かせていただきましたので、
今回こそは私の回の主題でありますタッチフット
ついて書かせていただこうと思ったのですが、
このタイミングでオフに入ってしまいました。。。

では一体オフの時期は何をしているのかと、
最近の週末を振り返ってみたところ・・・

大変です。

一歩も外に出ていないじゃないですか。

そりゃあ階段で大腿四頭筋が笑うわけです。
営業活動に支障が出てます(嘘です)。

そんな危機的状況を自覚した先週末は、久しぶりに
アクティブに過ごしてみました。

今すぐできることと考えた結果、自宅周辺の
川沿いを走ってみることにしました。

まず、1週約600mの川をアップがてらに流して3週。
次にインターバルとしてジョグとダッシュを1週ごとに
繰り返して3セット。

しかし何となくまだ足りない気がしてきたので、近くの
温水プールで更にみっちり2時間泳いできました。

学生時代はプール監視員のアルバイトをして
いましたので、毎日のように開館前のプールを
独占して泳いでいたのですが、久々に入った水の中は
思ったよりも負荷が大きくて、ますますマッスル量が
増えた気がします。

週末だけとは言え、タッチフットのある生活がどれだけ
自分にとって(体にとって)栄養となっていたかを
改めて感じました。
体を動かすことが好きということと同じくらい、体も
欲しているのだということがわかりました。
今までサボってカラダに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
オフ中でも少しはいじってやらなければと思う今日この頃です。

ちなみに翌日はひどい筋肉痛のため、一日中寝てました。
しまった・・・ダウン忘れた・・・。

| | コメント (0)

2008年4月11日 (金)

お花見07

皆さんこんにちは。

WRは神の手です。

2日後から春季関東予選始まるのですが、お伝えできず
残念です。。。

今回も練習風景をお伝えしようと思いましたが、
内容等、あまり変わりはありませんので(継続は力なりです)
今回はタッチフットから離れてみます。

と言いつつも、考えてみると私はタッチフット以外趣味が
ないみたいですので、毎年(?)恒例のお花見の様子を
お話させていただきます。
(ちょうど1年前に同じネタを書いていた方がいたような・・・)

去る4月5日、07年フレッシャーとしての最後の任務である
お花見の幹事(場所取り)をしてまいりました。

都内では2週間ほど前から満開の桜を目にするようになり、
お花見予定の日には、上野公園にも青々とした風景が
広がっているという大方の予想を受け、きっとそんなに人は
いないから今年は始発で行けば余裕だろうということに
なりました。

しかし、行ってびっくりです。
比較的人が少ないとの情報を得た美術館サイドでさえも
まさに青々と、ブルーシートで埋め尽くされていました。

しかしながら、1番乗りで到着した我が同期のUさんは
体一つで小一時間ほど乗り切ってくれました。
なぜならブルーシートは私が持っていたからです。

2番手の私が到着した時は捨て犬のような顔で迎えてくれました。

無事2人でブルーシートを敷き、食べもの・飲み物係の2人
をゆっくり待つことにしました。  

Photo_8

 

 

 

 

 

その後7時半頃Iさん、10時頃Yさんが合流し07フレッシャー
勢揃いです。

心は暖かくなりましたが、朝一からいる私たちの体はチアノーゼ状態でした。

実はこの日、13時からタッチフットの練習があり途中退場
の予定だったのでアルコールを入れるわけにはいかないと
思っていたのですが、おつまみの誘惑と、冷えた体を温める
という口実をムリヤリ作り、一足お先に大好物のビールを
おいしくいただきました。

11時頃、練習のため上野公園を後にするまでその他の方々は
いらっしゃらず、私の任務は終了いたしました。

4人とも業務が違い、最近話す機会も少ない私たちですが、
この日は色々な話で盛り上がりました。
月1で行うとコミットをしたお食事会も滞りがちでしたが、
同期の絆を改めて感じた日になりました。

08フレッシャーが勢いよく入社し、社内でも今までとは違うポジションに
なっていきますが、業務は違えど気持ちは共有できる仲間
として、今後も支えあっていける存在でいたいと思う今日この頃です。

ともあれ皆さん楽しんでいただけましたでしょうか。
いらっしゃってくださった方々、本当にありがとうございました!

※大好物の中に春が舞い降りた瞬間です。
↓↓↓  Photo_10

| | コメント (0)

2008年3月14日 (金)

始まりました

みなさんこんにちは。

最近メタボ気味の神の手です。
アルコールの量が学生の頃より増えているのは
確かですが、それに加えて戻りが遅くなっているのが
気になります。

年齢には勝てないって、こういうことなんですね。

さて、そんな状態でもシーズンはやってまいります。
3/1の今季最初の練習は5人。相変わらず少なめです。
しかしこれを強制したり、問いただしたりすることは、
チームの存続自体を危険にさらす行為になります。

我がチームのモットーは、自由放任ですから。
来たいときに、思い出したときに来ればいいんです。

それでもみんなの気持ちは一つ!・・・なはずです。

初回練習の3/1には、うれしいことに今年の卒業生が
1人遊びに来てくれました。
関東の社会人チーム全てからお誘いを受けるような、
素晴らしい選手です。

我がチームの仲間になったアカツキには、ぜひ
ご紹介させていただきますのでよろしくお願いします。

さて、我がチームは今季からチーム大転換があります。
QB(クオーターバック)の変更です。
これが何を意味するのかと言いますと、このポジションの変更は
チームの組み立て直しを意味します。

初回ブログのポジション紹介でも触れましたが、
QBとは、オフェンスを指揮する親分的ポジションです。

パスを受ける他の選手は、そのQB独自の間合いや空気を
感じながら、プレーを合わせます。
パサーが変わるとコンビネーションの間合いが変わります。
私もWRという立場から、QBとの距離を詰めていくことが
今後の課題になってくるのだと感じています。

春季リーグまであと1ヶ月。
ムダのない内容で進めなければです。

と、ここまで語らせていただいた私は初回欠席ですけど、何か?(爆)

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

決起(2年目)

残念ながらタッチフットはシーズンオフなので、
今回はチームの慰安旅行についてお話したいと思います。

先日、1泊2日で伊香保まで行ってきました。
目的は、1シーズン大きな怪我なく乗り切ったことをチームで労うことです。

さて、伊香保と言えばもちろん温泉です。
温泉にはうるさい我がチームの頼れるC(23歳)に全て任せ、
選ばれたのが【ホテル天坊】です。

チェックインを済ませると、案内係の女性が、荷物を持とうと
してくれるじゃありませんか!
どう見ても私たちよりも華奢な女性。美しい指の女性。
…丁重にお断りしました。

部屋に着くと早速お風呂の準備です。
どうやらここの温泉は天晴の湯(あっぱれのゆ)
と言うらしいです。何ともめでたい感じです。

中に入ると数種類の温泉が待っていました。壷のような一名様用の湯、
洞窟のような湯、子供ができる湯(!)などなど…。
しかしながら我がチームのアスリートキャプテン(23歳)が
お気に召したのはサウナでした。
一体何と戦っていたのでしょうか。

温泉から出ると、有名な石段があるという情報を得て、夜の宴会の前に
少しでもカロリーを消費しようと、伊香保の街に繰り出しました。

石段の途中には様々なお店が軒を連ねていましたが、8割閉まっていました。
まだ18時です。

しかし伊香保の街は坂道が多いですね。行きの上りは有酸素運動、
帰りの下りは筋トレ状態でした。

その後の宴会については、言葉でお伝えするのも厳しいものに
なってしまったので、敢えて控えさせていただきます。
女が集まると怖いです(笑)

こんな感じでオフな姿をさらけ出す機会があると、その人の本質が
何となく見えてきます。

きちんと計画を立てて行動する人、団体をまとめようとする人、
振り返ると姿を消している人…

一人一人がこんなにも違うのに、よくもまぁうまく回っているなぁと
思いますが、実は色々な方向から一本の柱を支え合っているんだと感じました。

その証として、2日目に水沢観音へに行ったとき、満場一致で購入した物があります。
↓↓↓

1_2 2

 

 

 

 

 

来期はイケると強く感じた瞬間でした。

| | コメント (0)

2008年1月25日 (金)

シーズン終了

明けましておめでとうございます。

痛風疑惑のWRは神の手です。

さて、今回は年末に行われましたFINAL TOUCH
(社会人王座決定戦)の様子をお伝えします。

結果から言いますと、一回戦敗退でした。
組み合わせは襷掛け方式になっておりまして、
わがチームは関東2位での出場だったので、
関西の1位とあたったわけですが、2タッチダウン差と、
当初の予想に比べると健闘したと言えます。
ただ今回は中身が問題でした。

オフェンスに関しては、全くと言っていい程
機能していませんでした。
シチュエーションに応じたプレーの選択が
できていなかったり、パサーとレシーバーあるいは
ガードとのタイミングが噛み合わず、プレーヤー同士、
意思疎通もできていなかったと思います。
相手ディフェンスに封じ込められたというよりも、
自爆な感じでした。

またディフェンスに関しても、システムが機能して
いたわけではなく、行き当たりばったりのプレーに
終始していました。
その結果、相手に穴を見抜かれてゲイン(進むこと:
残りヤードを減らす)されるということに繋がって
しまったのだと思います。

この大会で今期が終了しましたが、春を含めて自分
たちの確固たるスタイルが築けませんでした。
毎回その場で、各自の能力に頼ってプレーしていた
ように感じます。

タッチフットボールの面白いところである、計算され尽くした
プレー運びというものを、存分にできなかったシーズン
でした。

練習時間が思うように確保できなかったり、強制に
することができないなどの様々な制限があるのは
確かです。
しかしながら、限られた条件の中でできる最高のパフォーマンス
ができるようにしなければいけません。

設立1年目の若いチームですから、今後の運営のやり方で
いくらでも変われると思います。
楽しくやることを第一としているチームですが、
やはり勝たないと楽しくないということを、全員が
確認できたシーズンでした。

来年は、計画的に暴れます。

3月から始まる次シーズンに向けて、心身改造に励みます。
何しろ痛風疑惑ですから。。。

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧