« 起業家のように企業で働く | トップページ | 第56回 トンテキ(渋谷) »

2014年6月 2日 (月)

君に友だちはいらない

本日の読書。「君に友だちはいらない」著者は瀧本哲史氏。

なかなか刺激的なタイトル。

ただ著者は独りになることを薦めているわけではない。

必要なのは同じ目標の下で、苦楽をともにする「戦友」であるという。

話が少し変わるが、かつて天動説という天体が地球の周りをまわる説が、
主流であった。
地球が天体をまわる地動説を唱えたガリレオが裁判にかけられたことでも有名である。

今は地動説が正しいことが証明されたわけだが、
ではこの天動説の支持者はどのように地動説に変わっていったのか。

決して論破されたわけではないらしい。

作者は言う。

「世代が入れ替わったから」

新しい世代のほとんどの人が天動説を受け容れなかったからだと。

ここで大事なのは世の中を変えるのは「世代交代」
古いパラダイムを信じている前の世代を説得し意見を変えさせるのは「不可能」


なるほど・・・。


また作者は言う。

“良き友”が欲しければ、探すのではなく創ればいい

とりあえず今いる場所で、今の仲間と一緒にいいチームを創って、
目の前の仕事に一生懸命打ち込んでみたらどうだろう。

友だちも仲間も他人から「配られる」ものではない。
自分自身の生き方を追求していくことで、自然にできあがっていくのだ。

なるほど、ここで最初に書いたこととつながった。

「戦友」

わくわくする響きである。

                                       わびすけ

|

« 起業家のように企業で働く | トップページ | 第56回 トンテキ(渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 起業家のように企業で働く | トップページ | 第56回 トンテキ(渋谷) »